迷惑な愛誤達

いかなる場合でも、愛誤による無断転載引用は禁止です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

猫増殖

猫好き億トレ仲間との会話の中で。

1匹のメス猫がある地域にいて1年に2回出産と少なめに仮定。
そうすると1年で何匹の猫がその地域に増えるのかわかる?

1回目に5匹出産し、子猫はオス3匹メス2匹とする。
その時点で合計6匹。オス3匹メス3匹。

2回目に同時期出産。
メス猫1匹で5匹出産し子猫はオス3匹メス2匹とする。
メス猫3匹で15匹出産。子猫はオス9匹メス6匹
その時点で合計21匹、オス12匹メス9匹。

不妊手術をしても捨て猫が減らない限り何も改善されない。
でもなぜ愛誤達は捨て猫を減らすための活動をやろうとしないのだろう?
残念なことに、そういう活動をやっている人や団体はごくわずか。

捨て猫が減ったら猫虐待も減ると思う。
猫虐待や猫駆除されたと言う前にまず捨て猫防止活動をやるのが先決だろ?

そういう活動では支援金集めができないから?
猫がいないなら金を集めにくいから?

猫の命が大切、猫の幸せを考えてるというきれいごとを言うのは簡単。
称賛と金を簡単に集める方法のために猫という道具を利用している愛誤。

捨て猫が減ればマナーが悪い愛誤も減るだろう。
猫の数が激減し、町内に猫1,2匹なら誰でも多めに見てあげるだろう。
すべては愛誤の間違った考えが猫を不幸にしているのだ。

猫の不妊手術や里親探しと同時に捨て猫防止活動をやるべきだ!

スポンサーサイト
このページのトップへ

今日は

捕獲器を今日か明日には絶対購入する!
捕獲器も大きさがいろいろあって困ってる。
店員に相談したら「猫ですか?」と言われそうだし。
そうなったら虐待犯と目をつけられてしまうかな?

どのくらいの大きさが適切なのだろうね?
できればあまり重くない方がいい。

このページのトップへ

猫対決

愛誤は他へ猫餌を置いてるのか?
私の家の近くで猫対決やることが多い。
そのままにしてたら長時間うるさい。

止めに入ったら武器を持ってたので虐待だと愛誤に言われてしまった(汗)
虐待で通報してやると言われてしまった。
たかが棒ごときで。
愛誤の罠だったのか?

このページのトップへ

経過

近所へもお知らせした。
愛誤の敷地の猫餌回収もたまにやり方を変えたほうがいいかな?
愛誤は外にも蓋付きのゴミ箱を設置している。
そこへたまに愛誤が置いた猫餌を入れてみようかな?
それともトレーごと入れてみようかな?
これでバカ愛誤でも猫で嫌がってる人がいるとわかるだろう。
でも愛誤が警戒して餌やりのあいだ見張りをするようになるかもしれない。
敵地での戦い方が問題になってくるなあ(笑)

私は使い捨て医療手袋をしてトレーを持ちあげる。
そして用意した袋へ餌を入れて持ち帰って処分している。
どんな病気や雑菌が付くかわからない。
体が弱ってる時にそんなものを家に持ち込んだら大変。
もちろん自宅前では雑菌スプレーも使う。
最低限の防御をやってるつもり。

このページのトップへ

捕獲

猫を捕獲して保健所送りと言うのを度々見かける。
捕獲器本体も重いが猫を入れたらかなりの重量。
捕獲器を扱うためにはまず体力が必要(笑)

そして保健所が猫を引き取る時間と日程も把握!
猫を捕獲しても数日待たなくてはいけない場合もあるかもしれない。
夜中捕獲した場合は数時間も猫が鳴きまくり近所迷惑に。
いや、愛誤に「猫を虐待してます」と通報される危険も出てくる。

別な愛誤は夜中に捕獲器の中の猫を逃がしてやったと自慢していた。
愛誤は真夜中も平気でうろついてる要注意!

このページのトップへ

告知

愛誤の尻拭いはもう嫌だ。
もう猫のフン取りボランテイアなんて止める。
そのためには近所へお知らせしなくてはいけない。

家の周りに貼り紙した。
「自治会長が猫の餌やりを長年やってます。
猫のことのご相談は自治会長へ。
我が家では猫の餌やりをしておりません。
猫餌などを無断で放置しないようにして下さい」

1日で無断で剥がされた。
それで今度は家の窓へ内側から貼った。
家に駐車してる時だけ車の窓へも内側から貼った。
防犯カメラや夜間の照明も新たに用意した。

このページのトップへ

反愛誤開始

愛誤は防犯カメラに映らないように場所を変え餌を投げ捨てていた。
たまにはフンも投げ込んでいた。

もう限界だ!

まず手始めに愛誤が置いてる餌を見つけたら処分することにした。
愛誤は1日3,4回餌やりしている。
愛誤は餌を敷地に出し、猫が食べ始めたら室内にすぐ戻る。
絶対後始末なんてしない。
猫がいない場合でも置き餌したらすぐ戻る。
それを私は狙った。

愛誤がもし気が付いたら
「片付けを忘れてるようですので、近所付き合いとしてお手伝いしました」
こういう言い訳を考えた。

愛誤は猫がよく食べると勘違いした。
愛誤に餌を催促する猫もいたが愛誤が勘違い。
「食べ過ぎはいけないわよ。吐くだけよ」
そう猫へ言ってた。

私は愛誤が置いた餌を捨てまくった。

常時10匹以上、おそらく20匹以上は愛誤の餌を食べていたと思う。
猫もうろついても餌がないので、すぐ帰る猫もいた。

このページのトップへ

自己中心

最初の方に書いたことをまた書くことになるが、
愛誤が子猫が敷地に居座ったからと猫を持ってきた。
「引き取れないなら、処分して」そう言って置き逃げ。
私は愛誤を追いかけ
「引き取る代わりに、餌やりを止めて下さい」
愛誤は止めると言ったが約束を破った。
それで私は猫を保健所送りにした。
愛誤は「人でなし」と罵った。

もし愛誤が約束を守って餌やりを止めていたら
私は、その猫を飼っていた。
愛誤が約束を破ったので猫は処分された。

そして私は反愛誤としての道を歩むことになった。

愛誤は、言葉の重みもわからない。
また、命の重みもわからない。
ただ可哀想な猫に餌やりしている素晴らしい自分に酔っている愛誤。
猫の命を弄んでいるのさえも気がついてない愛誤。
人を傷つけ陥れても罪悪感さえも感じない愛誤。
愛誤にあるのは自己愛だけ。
他人を踏み台にして得た偽りの名誉と地位に何の意義があるのだろうか?

このページのトップへ

想定内

億トレ仲間の予想どおりになった。
愛誤は猫の不妊手術代をすべて負担しろと言ってきた。
近所付き合いだからと言ってきた。
私はもちろん断った。
愛誤は、近所付き合いをどのように考えてるの?と再び言った。
でも私は猫の餌やりをしてないのでそのように言われる筋合いは無いと断った。

愛誤は諦めて帰った。
帰ったと思っていたが猫餌を我が家の玄関に置いていった。
後ろ姿が愛誤だったので間違いないだろう。

そういう餌置きが数日続いた。
わざと人目につくようなところへ置いてあった。

私は貼り紙を出した。
「私有地へ無断でゴミを置く人がいます。
今後は止めて下さい。
防犯カメラを設置してます」

このページのトップへ

5匹の子猫

愛誤は子猫が5匹生まれたから引き取ってくれと言ってきた。
私は、子猫の世話をする時間がないので引き取れないと断った。
しばらくすると玄関で猫の鳴き声がする。
見に言ったらは箱に5匹の赤ちゃん猫が!
急いで愛誤の家に返却へ行ったが、
愛誤の夫が出てきて、うちの猫ではない
勝手に持ってくるなと言って追い出された。

仕方なく私が育てることになった。
ミルクを買ってきて1日に5,6回以上与えた。
夜中も何度か起こされてミルクを与えた。
クソ愛誤はその後は知らんぷりで寄りつかない。

億トレ仲間からオフ会のお知らせの電話があったので行けないと断った。
理由を聞かれたので、子猫の世話があるからと言った。
そうしたらその後、猫好きの億トレ仲間から電話があった。

今までの経緯を教えた。

猫好きは「その人=愛誤は本当の猫好きではないね。
猫好きなら、猫の病気や怪我の事を考え外飼いは止める。
ある程度懐いたら室内飼いにする。
また愛誤の夫が猫嫌いだから外飼いしかできないのも嘘。
本当に嫌いなら妻に猫の餌やりを許す訳がない。

2人共猫好きではなく猫を可愛がってる自分達が好きなだけ。
外猫へ餌をやってる自分はなんて優しい人なんだろうと陶酔しているだけ。
こんなのだから外猫のフン掃除なんてやらない。
まして他人への迷惑さえも考えられるわけがない。

こんなのと一緒に考えられたら猫好きも迷惑だわ。

子猫は1カ月たったら引き取るわ。
そして里親を今からさがしてみるね。
もし見つからなかったら諦めて保健所へ送ることになるけれど。
私もこれ以上猫を飼うのは大変なのよ。
もし病気の猫がでたら手に負えなくなってくるから。

あなたが5匹の面倒を一生みれるの?
親御さんの状態を考えたら飼えないでしょ?
もうこれ以上愛誤の犠牲になることはないのよ。

また押し付けてきたら保健所へ持っていきますというのよ。
たぶん登記簿を取ってると思うわ。
自治会長だからとかいって。
それで抵当がないのを知ってるのよ。
現金で建てた家だから金を狙ってるかも。
猫の手術とかで募金を要求しても絶対断るのよ。
そういうのは1回でも言うことを聞いたらカモと思って何度でも来るから。

今はトレードもできない状態でしょ?
せっかく1日数百万稼いでたのに。
損切りしても次の月では2倍にしてたわよね。
そういうマインドも失ってしまったのでは?

愛誤のために何もかも失う必要はないのよ」

その言葉がきっかけになった。


このページのトップへ

失ったもの

猫ハウスを撤去しても近所の先入観は変化しない。
まして自治会長という特権を悪用している愛誤。
私が勝手に猫ハウスを持ってきて困ってると言ってた。
返却しただけなのに、それさえも利用している愛誤。

近所の人は愛誤の嘘を見抜けない。
私が餌やり常習犯の悪人にされてしまった。

昼も夜もかまわず迷惑だと押し掛ける人が増えた。
私は濡れ衣で違うと言っても信用してもらえなかった。
とにかく近所の人も嫌な思いをされているのはわかってるので
私がフン取りをするからということで来た人には納得してもらった。

「本来なら餌やりしている自治会長がやるべきなのです。
でも私が何度お願いしてもやってくれません。
みなさんもお困りでしょう。
私もみなさんのためにできる限りの事をします。
場所を教えて頂けませんか?
だいたい毎回同じ場所が狙われると思います。
場所がわかれば後で取りに行きます。
また出来る限り毎日見回りして回収します」

失った名誉は回復できない。

このページのトップへ

お返しに

クソ愛誤が自治会長をやっているので自治会は絶望的。
それで民政委員へ相談した。

私が「愛誤が長年、猫の餌やりをコッソリやっている。
でも2,3人は知っているが他の人は知らない。
そのせいで誤解され私の敷地や車が犬や猫のフン攻撃にあってる」

でも民生委員は「長年餌やりをしていて他の人が気がつかない訳が無い」
「猫の餌やり位でムキにならない方がいいわよ」
そう言って真剣に相手してくれなかった。

私の家に置かれた猫ハウスは猫スプレーのために置かれたようなもの。
外側だけでなく、出入り口から中へスプレーする猫もいた。
そんな猫ハウスは匂いだけが強烈な物体。
猫が入って落ち着ける場所ではない。

また猫トイレも最初の猫が使ったら他の猫は利用しない。
結局こまめに掃除しなければならない。
でもクソ愛誤は掃除さえもしてくれない。
私が掃除するのが当然と言う。

フン攻撃も過熱し、夜中でも酔っ払いが猫で迷惑だと押し掛けてくる。
私は猫ハウスと猫トイレを引き上げてくれといったが、そのうちにと言うだけ。

だから私は愛誤が置いていったものを愛護の家の玄関先へ置いてきた。
そうしたら、愛誤の夫が怒鳴りつけてきた。
「人の家の前にこんなものを置くな」

この言葉でわかった。
自分達が嫌なものを私へ押し付けたということがわかった。
こんなものが愛誤の家にあったら餌やりがばれる。
餌やりして残飯整理していい人気分を味わいたい。
でも近所の苦情からは逃げたい。
だから猫ハウスもトイレも愛誤の敷地に置かなかったのだ!
私は、こんなものを押しつけておいて何を言ってるんだ、そう思ったが
「申し訳ないのですが、
大切なものをお借りしたのでわかりやすい場所へお返ししたのです」
そう言ってやった。

その証明に愛誤の庭には猫ハウスも猫トイレも1つも置いてなかった!
人にばれないようにしていたのだ。
猫に対する気持ちがいい加減な事だけはわかった。

可哀想な猫のためという大義名分は嘘だ!
自己陶酔しているだけのクソ愛誤!
猫のためにというならフン掃除の清掃ボランテイアでもやるのが基本だろ!
もうクソ愛誤には騙されない!


このページのトップへ

愛誤に騙された

愛誤は私の敷地へ猫トイレと猫ハウスを置きに来た。
そのせいで私は有らぬ誤解を受けることになった。

近所では猫フン迷惑の被害が広がっていた。
でも愛誤は餌やりを隠してやっていた。
堂々と餌やりをしていると公言していなかった。

猫ハウスなどが置いてあるので私が猫を呼び寄せていると勘違いされた。
私が迷惑な餌やりをしていると思われたのだ!

ある日、猫フンが投げ込まれ車がフンまみれに!
昔の某仕手本尊のように犬のフンを投げ込む者も出てきた。

あらぬ誤解を受けてしまった。
愛誤はそれを狙っていたのだろうか?
私は愛誤の道具に利用されたのだ。

愛誤にフン投げ込みの事を言ったが、「私のせいではない」と言っただけ。
一言の詫びさえもない。
いたわりの言葉も無い。
近所へ誤解を解くようなこともしなかった。

何が猫の幸せのためだ!
私へどれだけ犠牲を強いているのかわかっているのか?
私から平和な暮らしという幸せを奪ったクソ愛誤!
偽善愛誤に幸せを語ることは許されない!

このページのトップへ

極悪愛誤

私は猫のフンがあっても苦情を言わなかった。
でも愛誤は小鳥のフンで苦情を言ってきた。
私は小鳥へ自ら餌を与えていなかった。
庭の木の実を小鳥が食べていた。
メジロやスズメなどが来ていた。
でも愛誤が苦情を言ったのはカラスやハトのフンのこと。
大きさが小鳥と全然違っていた。
ハトやカラスは愛誤がばら撒いていた猫餌や残飯を食べに来ていた。
それでも愛誤は認めようとしなかった。

そして愛誤は猫が小鳥を狙うのは餌を十分食べていないからだと言いだした。
だから猫に餌を与えるのは小鳥のためでもあると言いだした。
それで猫の餌やりを多めに見ろというのだ。

私は無駄な時間を費やしたくないし
小鳥が猫から狙われる危険が少しでも減るならと思いそれ以上は言わなかった。

そうしたら後日、愛誤は調子に乗って要求をエスカレート。
ご近所の猫フン苦情があるから私の家に猫トイレを置かせてくれ。
猫が落ち着くために猫ハウスを置かせてくれ。
子猫が生まれたので5匹全部引き取れ。
猫の不妊手術代をすべて出せ。

その後にも、「見知らぬ子猫が居座ったので引き取れ」と言ってきた愛誤。
私は「これ以上はもうできないから」と言うと、
愛誤は「引き取れないなら処分してくれ」と言って猫を押しつけて逃げた。
私は追いかけ「餌やりを止めるならこれを最後に引き取ります」そう言った。
愛誤は餌やりを止めると言った。

でも愛誤は約束を破り、餌やりを止めなかった。
私は、猫を保健所送りにした。
そのことを愛誤に言ったら、「人でなし」と罵倒された。
引き取れないなら処分しろと言ったのは愛誤だろ?

自分は家に野良猫を引き入れないクソ愛誤。
人の善意を利用する愛誤。
自分で世話できないなら餌やりなんてやめろよ!


このページのトップへ

ふざけるな

去勢しているからスプレーはしないとほざいたクソ愛誤。
去勢しても縄張り意識があるからスプレーしてるのも知らないのか?
去勢しても猫。
避妊しても猫。
避妊猫もスプレーしている。
猫のテリトリー意識は激しいものがある。

不妊手術しても捨て猫がいて1年に3回出産したら約15匹増える。
不妊手術では追いつかないのが実態。
なぜ捨て猫をやめるような教育を愛誤は広めないのか?
まずやるのは子供の情操教育だろ?
道徳感が薄れてるからすぐ猫を捨てるのだろ?

愛誤達はそれをなぜ考えないのか?
バカすぎるクソ愛誤!

このページのトップへ

猫ハウス

屋外の外猫のための猫ハウスは無用だ!

私は猫が猫ハウスに入ってるのを見たことが無い。
猫は夜活動するので昼間に寝ている。
でも猫ハウスで寝ているのにお目にかかったことが無い。
猫が車の上や下で落ち着いているのは見たことがある。
屋根の上で寝ているのも見たことがある。
でも猫ハウスでは無い。

猫にとっては猫ハウスは無用の長物だろう。
我が家の敷地で落ち葉を集め、腐葉土を作る為の穴を掘り落ち葉を集めてる。
穴の深さは30cm位だ。
その上に落ち葉を入れてる。
日当たりが良い場所なので猫はよくそういう場所で寝ている。
最初は猫が死んでるのかと思ってた。
でも私が近寄ったら猫は逃げた。

本当に猫の気持ちを考えるなら猫ハウスは止めた方がいい。
発砲スチロールの猫ハウスではとんでもない異臭が籠る。
化学物質のにおいが。
人より匂いに敏感な猫が入るとは考えられない。
ましてそんな場所で猫が落ち着けるのだろうか?

また段ボールの猫ハウスを設置していても猫は落ち着かないだろう。
中に入っていたら外猫はどこから敵がやってくるのかを把握できないから。

猫が落ち葉のベットを好むことを愛誤は知ってるのだろうか?
屋根の上を猫が好む理由を考えたことがあるのだろうか?
外猫は寝ている時も外敵のことを考えているのだ。

猫ハウスこそ自己陶酔愛誤の自己顕示の表れ。
そんなものを設置しても無駄な努力だ。

頭をもっと使えよバカ愛誤!





このページのトップへ

愛誤2

残飯以外では誰からかタダで貰ったドライフード。
1度に300gを食品トレーの上にてんこ盛り。
何匹の猫に与えるつもりなのか?
10匹以上に与えるのか?
放置しているから夜中には猫が大量に集まって喧嘩している。
夜中の長時間の叫び声は近所迷惑だ。

また猫は1度に大量に食べて嘔吐する。
我が家にやってきて車の上にも嘔吐。
わからない場所でも嘔吐。
フンならまだ土に埋めるからましと諦めてるが嘔吐はつらい。
時間が経てば悪臭とハエで不衛生。
でもバカ愛誤は適量さえも考えられない。

猫も置き餌放置が無ければわざわざテリトリー外から遠征しない。
猫の生態系も考えられないバカ愛誤。

いつも言い訳ばかりでうんざりだ!

このページのトップへ

愛誤

餌やりと称してゴミをまき散らす。
残飯を何日も放置している。
自分の敷地だから何をしてもいいのだとほざく。

注意しても謝りもしない。
ゴキブリとカラスの集会所は近所迷惑なだけだ!

子猫がその家で餌を食べ、敷地に住みついたら今度は追い出す。
追い出すといって私へ押しつける。
いい加減にしろよ。
人の善意につけこむ悪者愛誤よ。
人へ押し付け自分は良いことをしたと勘違い。

迷惑愛誤のせいで他人がどれだけ迷惑しているのかわかるだろう?
それさえもわからないバカなのか?

このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

フェイル

Author:フェイル
自己陶酔愛誤のせいで想定外の迷惑を受けてます。
その実体験の報告です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (160)

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。