迷惑な愛誤達

いかなる場合でも、愛誤による無断転載引用は禁止です

さくら猫の早期不妊手術は虐待だ!


愛誤は、大物愛誤に懐柔され、早期不妊手術を推し進めているぜ!
それは大物愛誤の寄付金徴収の手助けになっているぜ!

先ほどの友達から仕入れた話の続きだぜ!

友達は、こんな無意味な耳カットを反対する愛誤がいないことを悲しんでいた。
猫耳カットという目印は、愛誤の残忍な虐待の結果だ!

無意味な耳カットは愛誤のパフォーマンスのために行われているのだ!
「こんなに不妊手術をした(ということにしている場合も)、だから寄付を寄こせ!」
結局、無意味な猫耳カットは、愛誤の金集め、犠牲になって虐待されているのは捕獲された猫だ!

そして、さくらねこ推進愛誤は、猫の早期不妊手術を奨励している。
愛誤が言ってる「猫の早期不妊手術」とは、
6週からという生後42日からのことだ!!!
これを他の獣医達に尋ねたら、
「1ヶ月そこらでの不妊手術とは、とんでもないことだ!」
「これを獣医が勧めているのか?」
「もしそうなら、何も猫のことを考えていない獣医だ。」
「本来なら最低でも2。5kg以上だ。それでも重篤になる危険があるのに。」
と驚いていたぜ!

6週間というなら体重は500g位だろう。
「体が小さいから麻酔も少なくて済むので体に負担がかからない。」
そのように愛誤は説明している。
でも2.5kgで不妊手術をする猫も4kgの猫に比べて麻酔量は少ないのだが、
それでも体への負担は大きいのだ!
4kgに比べ、2.5kgの猫の方が重篤になりやすいのだ!
それが2kg以下というか500gというのだから、考えただけでも恐ろしい。
早期不妊手術のせいで、どれだけ多くの猫が命を落とすことになるのだろうか?

愛誤は不妊手術をした、という実績が欲しいだけだ!
猫の体を本気で心配していないのだ!

早期不妊手術の危険は麻酔だけではない!

こんなに早く去勢したなら、将来、尿道狭窄で死亡する猫が続出するだろう。
オス猫の尿道は、去勢したら、もう成長しないのだ。
性成長が去勢により止められる。
それによって尿道の太さも止まってしまうのだ。
これは、とても危険なことなのだ!

オス猫の平均尿道は2mmだ。
それ以下なら膀胱炎や尿結石などの血尿に猫は苦しむ確率が高くなる。
1mm以下なら本当に危険な状態に絶えずさらされることになる。
普通の猫なら、血尿だけですむことでも、
1mm以下の猫なら、すぐに尿閉塞になるのだ。
尿閉塞になったら、緊急の手術で結晶などを取り除かなければ、死亡するのだ。
即日に手術しなくてはならないのだ。
もし翌日に手術するなら、死のリスクはかなり高くなる。

早期不妊手術でオス猫は、危険因子を持たされることになるのだ!
だから他の獣医は、不妊手術は6ヶ月以上と言っているのだ。
それなのに、愛誤が早期不妊手術というのは、
何も不妊手術のリスクを考えていないからだ。
手っ取り早く不妊手術を済ませ、実績をアピールしたいだけなのだ!

いくら雇われ獣医でも、ここまで愛誤に従う必要はあるのか?
獣医としての使命を忘れていないか?
それとも大学で落ちこぼれだったのか?

愛誤は猫の将来の幸せなんて考えていないのだ!
「猫のため」、そういっているのは本音ではないのだ!詭弁なのだ!
寄付が欲しい、褒め称えて欲しい、そういうつまらない欲望を満たすために、
「不妊手術をした」、という実績作りを猫をおもちゃにして行っているのだ!

さくら猫は、愛誤の金集めの手段として耳をカットされたのだ。
さくら猫は、愛誤の虐待の証拠なのだ。
愛誤こそ、このように猫に無駄な傷を付け、おもちゃにしている虐待者だ!


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!


地域猫 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 動物被害・動物嫌いへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

体が小さい理由がわかった。

フェイル様、理由がわかりました。解説ありがとうございます。 
 私の今記憶にある3匹の耳カット猫はいずれも体が小さかったです。私の目測ですが、成猫であっても普通の猫の半分から2/3ぐらいの大きさです。写真を撮ろうとカメラをごそごそしているうちに逃げてしまうぐらいなので、捕獲できないです。
 そのうち愛誤はティーカップキャットとかいいだすかもです。それではさようなら。

  • 2015/07/15(水) 19:14:41 |
  • URL |
  • ケムンパ
  • [編集]

Re:体が小さい理由がわかった。

ケムンパ様、

貴重な情報有難うございます。
そういうのも早期不妊手術の弊害と考えられますね。

アメリカで、捨て猫が増えすぎたので、早期不妊手術を行い、繁殖を防ごうとしたのが始まりのようです。

ただこれに使われたデーターが怪しいのです。
猫は同じ兄弟で同じ体型であっても尿道の微妙な太さが違います。
0.1mm単位でかなり違ってきますが、アメリカの獣医なら、そういう違いを考えていないようです。
1mmも2mmも同じ太さに考えているのでしょう。
同じ猫での3ヶ月、7ヶ月の尿の太さを比べているのではありません!
3ヶ月の猫と別の7ヶ月の猫の尿の太さを比べただけなのです。(1mmも2mmも同じと見ている可能性アリ)
同じ猫では無いので、早期不妊手術で影響は無いと断言するのは無理があります。

  • 2015/07/15(水) 21:27:33 |
  • URL |
  • フェイル
  • [編集]

個人的な感想

なるほど動物愛護団体なんかに寄付なんてすべきではありませんね。

しかし、愛誤の玩具となって害獣が短命に終わるなら、猫被害者の立場から悪くないと思います。

  • 2015/07/15(水) 21:37:28 |
  • URL |
  • 猫糞被害者@名古屋
  • [編集]

Re:個人的な感想

名古屋様、

有難うございます。
そうなんですよ、愛誤団体への寄付は捨て金になります。

愛誤は、死さえも寄付の材料にしてしまうのです。
ブログに○ちゃんが死んだと写真を出します。
それを見た読者は、「○ちゃんは生まれ変わってやってくるよ。」なんて書いてきます。
そして供養金などと寄付が舞い込んできます。

愛誤は、数日後に、「○ちゃんが引き寄せてくれました!」とか書いて、新しい害獣を加えるのです。
だから、害獣が短命に終わっても、すぐ追加補給します。

  • 2015/07/16(木) 00:16:13 |
  • URL |
  • フェイル
  • [編集]

早期の去勢手術は、アメリカではむしろ推奨され、4ヶ月でも行われているようです。
それは日米の獣医師間で見解の相違がありますので、一概には言えません。
しか4ヶ月以下の幼体であれば、麻酔などの負担は大きいので事故の確率は高まると思います。
ですから幼体の場合は、完全に飼い主が状態を見れるのが条件で、術後管理も必要です。
野良に対しては、幼体の去勢手術は勧められないと思います。

また、6ヶ月を大幅に過ぎて、発情を経験した後の不妊去勢手術は、発情行動を抑制できない場合が多いです。
でもTNRは、幼体でも数年生きた野良でも、不妊去勢手術は歳に関係なしですよね。
そう言う意味でもTNRは反対です。
不妊去勢手術は、体ができて、発情前の生後半年程度がベストです。
しかも術後管理をしっかりすること。
それは飼い猫でしかできません。

  • 2015/07/16(木) 11:17:00 |
  • URL |
  • さんかくたまご
  • [編集]

さんかくたまご様、

有難うございます。
TNRは無意味です!これは断言できます!

猫の尿の太さのことですが、半年1mmだったので去勢をせず様子見していたら1年後には2mm近くまでになったので、そこで去勢した、と友達は言ってました。
このように尿道の太さの成長はかなり個体差があるようです。

たとえ半年前で去勢しても、それまでマーキングしていない場合でも、1年過ぎてからでも突如、猫はストレス解消や縄張り意識でマーキングを始めます。
去勢しているかしていないかの違いは、マーキングの尿のニオイだけです。
去勢しても、他に猫がいるなら喧嘩もするでしょう。

愛誤は、危険な不妊手術をし、術後管理をせず、TNRといって外で放し飼いで責任放棄せず、室内飼いをすべきなのです。

  • 2015/07/16(木) 12:18:59 |
  • URL |
  • フェイル
  • [編集]

国内不妊手術は6ヶ月以上、そして、生後7~8ヶ月でシーズン(発情)を迎える。

この時点で捕獲して避妊し、遺棄するというサイクルの限界が見えますね。

早すぎれば障害が出るし、遅ければ妊娠してしまう。
月齢の把握の困難さもあれば、捕獲の困難さもある。
とても管理できるとは思えません。

  • 2015/07/22(水) 02:55:24 |
  • URL |
  •  
  • [編集]

コメント有難うございます。


仰るように、こういう外で放置している猫の管理は困難を極めます。
だから早めに引き取って室内で猫の状態を見ながら管理する必要があるのです。
猫が放置されていないなら、新たに捨てに来る人も少なくなります。

また愛誤は、猫が捨てられないようにする活動をやるべきなのですが、
それでは寄付が集まりませんから愛誤はこういう地味なことはやらないのです。
本当に猫の幸せを考えるなら、まず猫が捨てられないようなことを第一にやるべきなのです。

  • 2015/07/22(水) 06:30:43 |
  • URL |
  • フェイル
  • [編集]

考えてみたら

手術した猫の耳をカットして目印にするという行為自体、猫の管理ができていない証拠だよね。
適正飼育しているなら、そんな目印が無くても手術済みかどうか把握できるんだから。

  • 2015/09/23(水) 23:11:47 |
  • URL |
  • 通りすがり
  • [編集]

Re: 考えてみたら

通りすがり様、


有難うございます。

愛誤の矛盾によく気がつかれましたね。
管理ができない癖に、地域猫だから糞尿を我慢しろ、
こんなワガママで押し通してきますからね。

無茶苦茶な愛誤理論は、その後、金を要求してきます。
地域から取れなくなれば、ネット読者に狙いを変えてきます。

耳カットも愛誤の寄付狙いのパフォーマンスなのです。

  • 2015/09/27(日) 12:42:27 |
  • URL |
  • フェイル
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2015/11/11(水) 14:17:11 |
  • |
  • [編集]

  

鍵コメ様、

有難うございます。
どうぞ、遠慮なくご利用下さい。

  • 2015/11/11(水) 17:29:24 |
  • URL |
  • フェイル
  • [編集]

私は、さくら猫活動に反対です。野良猫に一度でも餌をやったらその人の物だと思います。ましてや避妊手術までしたのですから、その人の物です。
元の場所に戻すのは、捨てる事です。可愛い耳をちょん切るなんて酷すぎます。彼らは、独善的で「やってあげている」という傲慢な気持ちで愛誤活動をしてネットで募金を呼び掛けています。
愛誤について書いて下さって有難うございます。
ランキングにぽちっと押させて頂きました。

  • 2016/05/04(水) 02:33:07 |
  • URL |
  • 三毛猫
  • [編集]

   

三毛猫様、

有難うございます。
仰るとおりです!
愛誤は傲慢すぎます。
そして金を得るためにかわいそうな野良猫を利用しているだけです。
餌をやりや手術をするなら所有権が発生するでしょう。
所有権が発生するなら責任も伴うことになります。
TNRというのは、愛誤の責任逃れの手段です。
TNRは野外放置という遺棄行為を認めよということです。
愛誤は猫の幸せなんて微塵も考えていないのです。

  • 2016/05/09(月) 17:33:39 |
  • URL |
  • フェイル
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://xxxx75.blog.fc2.com/tb.php/143-50432f81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

フェイル

Author:フェイル
自己陶酔愛誤のせいで想定外の迷惑を受けてます。
その実体験の報告です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (160)

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR