迷惑な愛誤達

いかなる場合でも、愛誤による無断転載引用は禁止です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

猫増殖

猫好き億トレ仲間との会話の中で。

1匹のメス猫がある地域にいて1年に2回出産と少なめに仮定。
そうすると1年で何匹の猫がその地域に増えるのかわかる?

1回目に5匹出産し、子猫はオス3匹メス2匹とする。
その時点で合計6匹。オス3匹メス3匹。

2回目に同時期出産。
メス猫1匹で5匹出産し子猫はオス3匹メス2匹とする。
メス猫3匹で15匹出産。子猫はオス9匹メス6匹
その時点で合計21匹、オス12匹メス9匹。

不妊手術をしても捨て猫が減らない限り何も改善されない。
でもなぜ愛誤達は捨て猫を減らすための活動をやろうとしないのだろう?
残念なことに、そういう活動をやっている人や団体はごくわずか。

捨て猫が減ったら猫虐待も減ると思う。
猫虐待や猫駆除されたと言う前にまず捨て猫防止活動をやるのが先決だろ?

そういう活動では支援金集めができないから?
猫がいないなら金を集めにくいから?

猫の命が大切、猫の幸せを考えてるというきれいごとを言うのは簡単。
称賛と金を簡単に集める方法のために猫という道具を利用している愛誤。

捨て猫が減ればマナーが悪い愛誤も減るだろう。
猫の数が激減し、町内に猫1,2匹なら誰でも多めに見てあげるだろう。
すべては愛誤の間違った考えが猫を不幸にしているのだ。

猫の不妊手術や里親探しと同時に捨て猫防止活動をやるべきだ!

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

低位推計

それは猫繁殖力の推計では、最も低い部類です。
高位推計では、年4回、一回のうち5匹出産で平均半数の仔がメス。
そのメスが半年後に発情し、8ヶ月後に出産します。
そういうわけで、最大年10倍に増える繁殖力があるのだとか。

なお、拙宅町内の100匹餌やりオバサンは、多分今まで一度も獣医の世話になったことはないでしょう。
不妊去勢も「不自然でかわいそう」ですから。
ガンガン減らされているのは本人は知っています。
複数の人が保健所に持ち込んでいますし、自家製殺鼠剤ナメクジ駆除剤で死ぬ猫も多いからです。
オバサンは対抗意識を燃やして、他所から捨て猫を拾ってきては町内にリリースしています。
常に周りに猫がうじゃうじゃいてほしい、病的アニマルホーダーだと思います。
しばらく神戸市内の私の賃貸物件に捕獲器を出張させていたら、すぐさま猫が増えました。

  • 2013/03/30(土) 20:59:43 |
  • URL |
  • さんかくたまご
  • [編集]

猫愛誤は

不幸な猫がいなくなると「趣味がなくなる」か「儲けのネタがなくなる」から根本的解決方法を否定するのだと思います。

  • 2013/04/07(日) 10:29:35 |
  • URL |
  • 猫糞被害者@名古屋
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://xxxx75.blog.fc2.com/tb.php/20-48419420
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

フェイル

Author:フェイル
自己陶酔愛誤のせいで想定外の迷惑を受けてます。
その実体験の報告です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (160)

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。